婚活で最低限必要なスキル

婚活で最低限必要なスキル

婚活でドン引きされる理由

婚活スキル

婚活は焦れば焦るほど、うまくいきません。

ギラギラ感丸出しでは、せっかくの婚活も台無しに。
男性は「ザ・婚活」という女性にはドン引きしますし、女性は清潔感や身振り・しぐさに幻滅します。
婚活パーティーに行く前に、まずはあなた自身のスキルを磨きましょう。

 

現在も大切だけど未来も見抜くチカラを

「どこの企業で年収はいくらか?」女性であれば誰でも気になりますよね。
しかし、10年前とは違い、時代の流れはどんどん加速していますので、今は高収入だとしても10年後は果たしてどうなのでしょうか。

 

「未来のことは解らない」と言ってしまえばそれまでですが、その人の柔軟性や生き方そのものを見ることで、この先何があっても逞しく生きていく人だと判断できることも大切です。
欧米のように数千、数万単位のでリストラのニュースも今や日本では当たり前です。
これからアジアが台頭してくる時代。安い人件費の国と戦わなくてはならないのですから、企業も生き残りをかけて、大きく方向転換せざるを得ません。
婚活も経済状況が大切ですね。

 

 

結婚しない理由

2005年国立社会保障・人口問題研究所の調査と2009年のyoubrideの調査結果を比較すると、面白いことが解ります。
結婚しない理由として2005年の調査では男性の1位「理想の相手にめぐり会えていない」、2位「独身の身軽さを手放したくない」、3位「結婚する必要性がない」というものに対し、2009年では1位「出会いそのものがない」、2位「理想の相手にめぐり会えていない」、3位「自分に自信がない/経済的余裕がない」となっています。
また女性は2005年の調査では1位から3位は男性と同じで、2009年には1位「理想の相手にめぐり会えていない」、「出会いそのものがない」、3位「自分に自信がない/経済的余裕がない」となっています。
自分に自信がないという理由がキーポイントですね。

 

 

結婚という形にこだわらない国

結婚という形式にこだわらない国も多くあります。
この週間はヨーロッパに多く、一緒に暮らすことが目的で結婚という枠に虎わえれたくないということです。
宗教上、離婚に対する風当たりが強い、というのもあるようですが、形式にこだわる日本の風習ではちょっと難しいかもしれませんね。
別れる時に、子供の親権などでモメそうです。
ただ、日本でも内縁の妻(夫)という言葉があるように、少なからずいますが、パートナーを亡くしたなど何かしらの理由がある場合が多いようです。

 

民事再生
胸大きくする方法
浮気調査東京・埼玉

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ